松陰塾 瀬田東校 塾長の黒川です。

今日は内申書についてお話を致します。
なぜ、この話をしたいのかというと、
先日、高校時代の恩師と話していたのですが、
大学受験の指導について盛り上がりました。
その時に私と私の親友の話を恩師がしてくれたからです。

私は、大学受験の際に公募推薦で入試に臨みました。
高校の成績は、”評定”という表現をしますが、
公募推薦や指定校推薦などの推薦入試では、
高校1年生の1学期から高校3年生の1学期までの
成績の平均値である、評定平均が重要になります。
難関国公立大や有名私立学は4.0以上(5段階評価)で、
成績上位者から順番に受験資格を得ることが出来ます。
成績だけでなく、学校生活での貢献(行事での役割、部活動での記録)、
取得している資格も選定材料です。
入学当初から成績は常に学年トップを維持したので、
推薦入試の受験資格を得ました。
そして、小論文や面接試験の対策を担任の先生や進路指導の先生方にしていただき、
無事に関西の私立大学に合格しました。

では、私の親友はどうだったのでしょうか?
彼は、いわゆるヤンキーでした。
時々ヤンチャをして生徒指導の先生に呼び出しを受けて、反省文を書くこともありました。
高校1年生の成績はほとんどが3で、2もありました。評定平均は3点台前半ぐらいでした。
しかし、彼はヤンチャな面もありますが、正義感が強く、真面目な面もあります。
彼も大学進学を希望していたので、推薦入試を意識するようになり、生活態度を改めました。
推薦入試を受けるには、評定平均を1以上も上げる必要があります。
1年生の1~3学期分をカバーするには、最低でも4以上の成績を取り続けなければいけません。
これは、並大抵の覚悟と努力では達成出来ません。
しかし、彼は私の恩師にこう言われました。
「推薦入試を受けるには、黒川君を超える気持ちで勉強しないとアカンで。」
それ以来、彼は私をライバル視しました。
彼はヤンチャなグループから抜けて、ずっと孤独に挑み続けました。
部活動に励み、授業料の捻出のためにアルバイトもしていた彼が
どれほどの努力をしたのか、おそらく狂気の沙汰でしょう。
評定平均は徐々にあがり、3年生の1学期には4.0以上という条件を達成しました。
彼は、面接と小論文の公募推薦と一般科目受験併用の公募推薦にW合格しました。

そんな彼は大学で法律を学び、
現在は自動車部品メーカーで人事労務関係の資格を生かして働いています。
ブログにこのエピソードを載せたい、と相談したら、
「載せてくれ!」と快くOKを出してくれました。
昔のことを語り合って、美味しいお酒を一緒に飲める”マブダチ”です。
次のお盆休みが楽しみです。

高校生活での評定平均と受験について話しましたが、
中学生活と受験にも共通する点、学ぶべき点があります。

高校受験にも成績、つまり内申書が重要となります。
内申書が良ければ、入試当日の成績と合算した際に有利になります。
日頃の積み重ねが、後々重要になってきます。
有名進学校を志望する場合、4以上の成績が理想的です。
1年生、2年生は今からなら十分間に合います。
私の親友は、2年生から怒涛の追い上げで進路、夢を実現し、充実した生活を送っています。
3年生は2学期まで猶予があります。最後まで全力で行きましょう。

友だち追加

無料体験学習

無料体験授業のご予約

資料のご請求・お問合せ

*****************************************************
瀬田東小、瀬田北小、瀬田小、瀬田中、瀬田北中、南笠東小に
通っているお子様がいらっしゃる保護者様
当塾では、完全個別という強みを活かして
お子様に合ったオーダーメイドのカリキュラムを作成します。
ぜひ勉強や子育ての悩みなど小さなことでも
お気軽にご相談下さい。
*****************************************************
アクティブ・ラーニングのショウイン式
自立学習の完全個別「松陰塾 瀬田東校」

〒520-2153
大津市一里山3丁目1-1 ガーデンスクエア瀬田 202-B号室
TEL 077-574-7707 塾長 黒川まで

*****************************************************